Blog&column
ブログ・コラム

老人ホームに保証人は必要?

query_builder 2021/01/17
コラム
people-elderly-grandma-grandmother2
老人ホームに入居するには基本的に保証人が必要です。

しかし、保証人を用意出来ないときはどうすればいいのでしょうか。

今回は、老人ホームに入居する際の保証人の役割についてお伝えします。

▼老人ホームに保証人は必要?

老人ホームに入居する際には保証人が必要ですが、保証人がどうしても用意出来ない場合は保証会社を利用したり成年後見制度が使える老人ホームを選ぶ必要があります。

一部、保証人が不要な老人ホームもありますがかなり選択肢は限られてしまいます。

▼老人ホームに入居する際の保証人の役割

■未払いが発生した時に代わりに費用を支払う

老人ホーム側のリスク回避として保証人が必要な例として、一番分かりやすいのが未払いについてでしょう。

利用者に支払い能力がない場合は、代わりに保証人が費用を支払う事になります。

■利用者が死亡時の対応

利用者が死亡すると、保証人に連絡がいきます。

荷物を引き取ったり後片付けをする役割が必要なので保証人がその役割を担います。

■判断が困難になった際に代わりに判断する

利用者が適切な判断が出来なくなってしまった場合に、保証人が代わりに判断をします。

その場合、手続きも保証人が行う事になります。

▼まとめ

老人ホームに入る時に備えて保証人になってもらえるような関係性を家族と築いておきましょう。

ウェルハイム株式会社では、老人ホームについての疑問にお答えしています。

何か分からない事があれば、お気軽にご相談下さい。

NEW

  • 節分

    query_builder 2021/02/06
  • 鏡開き

    query_builder 2021/01/11
  • あけましておめでとうございます

    query_builder 2021/01/04
  • 季節感のある有料老人ホーム

    query_builder 2020/12/15

CATEGORY

ARCHIVE